スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予算審査

本日予算審査2日目

総務常任委員会関係予算の審査が 午前9時30分から12時15分まで行われ

委員長を除く 6人の議員が 様々な視点から 質疑を行いました。


職員(主に課長)の皆さんも 説明と答弁を丁寧に行い

日頃の業務に当たる姿勢も見て取れます。


一般質問よりも ある意味 予算や決算の審査の方が

是非 傍聴していただきたいと思いますが

このような審査にも インターネット中継が 導入できるよう

意見を発して行こうと思います。

明日(14日)も 午前9時 30分より

教育建設水道常任委員会の 審査が行われます。

傍聴も可能ですので 時間の許す方は 是非起こしください(市役所4階)。


一昨日は 中学校の卒業式。毎年心が洗われます。

昨日は、公立高校の合格発表でした。

努力が実った方、惜しくも実らなかった方

それぞれだと思いますが

長い人生の前半戦

新たな進路にて 頑張って頂きたいと思います。


親は 何時でも子どもの応援団

それぞれのエールの贈り方が大切ですね!
スポンサーサイト

人材から人財へ

 月刊ガバナンス

 多くの自治体職員や地方議員が購読している行政専門誌

 2012041413420000.jpg

 私も読んでいる。

 4月号は 「人財を活かす自治体戦略」として 多くの自治体の事例が紹介されている。

 
 今 地方自治体は競争の時代

 職員の資質が勝負である。

 以前 人材育成に関する一般質問を行ったことがあるが、

 質問の趣旨はまさしくそこ(人材育成の重要性)である。


(ある教授の誌内での発言)・職員の定員は削減せざるをえない。一方で地方分権による権限の移譲の拡大や

 住民からの新たな行政サービスの要望により、行政需要が増大しつつある。職員が減って仕事が増えるため、

 自治体職員にとっては受難の時代かもしれない。この時代を乗り切るためには、自治体は既存の職員を

 「人罪」として腐らせるのではなく、「人在」や「人材」に変貌させ、さらには「人財」へと高めて

 いかねばならない。


 なるほど共感できる。


 多くの自治体が今この人材育成に取り組んでいる

 取り組みが遅れている所は この自治体間競争には勝ち残ることは出来ないであろう。

 そのつけは必ず住民にいく。


 日光市においても 人材育成基本方針を策定し 現在進行形である。

 人事評価制度も試行され ゆるやかに進みつつあるように思われるが

 問題は スピードと中身である。


 担当部署には 積極的な取り組みを期待したい。


 進捗度合いと成果は 常々 チェックさせて頂きたいと存ずる。


 自治体間競争に勝ちうるために・・・

 活き活き働く人財の宝庫日光市とするために・・・。


 

 

旅立ちの日に

 卒業式 卒業生から在校生に向けて歌が披露された

 タイトルは「旅立ちの日に」

 今や卒業式の定番と言えば この歌か いきものがかりの「エール」これもいい歌だ


 「旅立ちの日に」

 白い光の中に 山脈(やまなみ)は萌えて 

 遥かな空の果てまでも 君は飛び立つ

 限りなく青い 空に 心ふるわせ 

 自由をかける鳥よ ふり返ることもせず


 勇気をつばさにこめて 希望の風に乗り 

 この広い大空に 夢をたくして~


 なつかしい友の声 ふとよみがえる

 意味もないいさかいに 泣いたあの時

 心通ったうれしさに 抱き合った日よ

 みんな過ぎたけれど 思い出 強く抱いて


 勇気をつばさにこめて 希望のかぜにのり

 この広い大空に 夢をたくして~。


 今、別れの時 飛び立とう 未来信じて

 はずむ若い力信じて この広い この広い 大空に~。

 2012031911080000.jpg

 いい詩(歌)です。

 メロディーが浮かばない方は 是非レンタル屋さんもしくはユーチューブ等にて・・


 卒業生の未来に幸多かれと祈念します。

 2012031912040001.jpg
 在校生による最後の見送り

 2012031912060000.jpg
 次男 周二朗と・・。

 

憲法記念日

 連休中も 国会は 衆参予算審議が開かれ 昨日 第一次補正予算が全会一致で可決された。

予算審議では 与野党問わず 厳しい質問が 菅総理に向けられていたが 実際のところ

初めてのこととは言え、初動の鈍さとリーダーシップの欠如は否めない。

改めるべきは改め 全力で復旧、復興に向けて 行動していただきたい。

 さて、本日は憲法記念日 制定されて64年をむかえる。

各党が談話を発表したが、概ね 「改憲」の意思は共通しているようである。

 
 戦後100年経っても議論が足踏みとならないよう、時代と時世を鑑み 改憲が必要と考える。

大災害を受けての 連休国会となったが、日常においても 休日返上で、様々な議論が今の日本には必要である。


 地元挨拶は返上で、多いに議論してほしい! 


 

大寒

 今日は 一年で最も寒いとされる 大寒。確かに寒い。

風邪など引かぬよう 気をつけましょう!

 さて、本日は 日光市人権講演会・人権教育指導者研修会に PTA役員として参加をしました。

 講師は 腰塚勇人(はやと)さん 45歳

2002年 スキーの事故で 首から下がまったく動かなくなってしまった教師

昨年7月 フジテレビ系「奇跡体験アンビリーバボーでも 放映された人物

 リハビリを行い 奇跡的に 現場復帰 今は教師を退職し 全国各地で「命の授業」と銘打ち

講演活動を 続けているとのこと。


 非常に感動的な講話でした。是非 「命の授業」もしくは「腰塚勇人」で検索していただければと存じます。


 講演会で会場の皆さんに質問?

「今絶対に失いたくない3つを挙げてください!」

 家族・友達・会社などなど 皆さんは?

 腰塚さんはまず「自分の命」をあげておりました。

 やりたいことが まだまだある。

 命あってのものだね・・  一度しかない人生だから・・・

  やりたいんだけど やれないこと、やろうとしないことは!!??

 自問自答をする帰路でした。


 




 
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。