スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除雪につて

 先週末の大雪は何十年ぶりの大雪

 また、湿った重い雪のため 多くの被害をもたらしました。

 道路は除雪が追い付かず麻痺状態。

 かつて除雪作業に携わってきた私も初めての経験でした。


 市民の皆様には 多くの不安と憤りを感じられた事と思います。


 市の危機管理、対応が少し甘かったことは否めませんが

 いくつかの要因があります。



 まず 人員不足、機械力不足、年度末での工事集中、山間部と平地部での業者の意識の差

 などが挙げられます。


 また、このような緊急事態の時には

 既存工事の工期延長なども迅速に対応すべきであると思います。


 工期は順守、除雪は優先では 人員不足の中 業者は対応しきれません。

 国、県、市が 共通認識として 工期より除雪を優先する意志を

 しっかりと業者に通知

 除雪に専念できる環境を整備すべきでしょう。


 また、機械不足に関しては

 市内リース会社などと 緊急時の協定を結び

 市が機械の確保を直接していく事も検討すべきかと思います。

 建設関連OBと除雪ボランティア契約(有償)なども考えられます。


 ありとあらゆる事態と方策を検討し

 緊急事態に備えることが必要です。


 あわせて

 職員、業者が共通認識(市民の安全と安心の確保)をもって

 事態収拾に努めることが

 大切であると考えます。


スポンサーサイト

台風26号

 少し間が空きすぎてしまいました。申し訳ございません。

 さて、本日、日光では 強風が吹き荒れ 10本近い並木をはじめ

 多くの倒木が交通機関にも影響を出しているようです。


 日光街道では 午前9時30分ごろから一部通行止め

 例幣使街道沿いの民家では 並木が民家を直撃

 幸い 重傷者は出ていないようですが

 心よりお見舞いを申し上げます。

 13818990459230.jpg

 さて、重要文化財の杉並木は 建設業者は手を付けられません

 国道の災害ですので 日光土木事務所が主な連絡調整役

 警察は通行止め等の処理

 通行に向けての復旧(枝葉処理、並木以外の倒木の処分)は 建設業者

 並木の伐採、撤去は 東照宮林務部(及び地元木材関係者)

 電線復旧は 東電、NTT

というように 役割分担が できております。


 民家などに及ぼした被害は 東照宮が担保します。


 今回は 通行中の車両には被害はなかったようですが

 強風が収まらないうちに 道路の枝葉などの処理を行う事は

 非常に危険です。

 小さな枝が落下しても 頭に当たれば即死の可能性もあります。

 
 強風時や大雪の後は 極力並木道の走行は控えることをお勧めします。


 ちなみに 市の維持課の皆さんも昨夜から待機

 日中も対応に走り回っているようでした。


 災害の対応にあたられている皆さんに 敬意を表したいと思います。 

選択と集中

 「選択と集中」 数年前から行財政改革の流行言葉のように用いられている。

 「あれもこれも」から「あれかこれか」と似ている。


 昨日の議員全員協議会で 栗山地域の温泉施設の休止が報告された。

 平成7年に 9件あった民宿の宿泊客のための温泉施設として

 当時の栗山村が造ったもの。

 指定管理(民間に任せ コスト縮減とサービス向上を目指す制度)で地元組合にて

 管理運営を行ってきたが 人員確保が困難との理由が主なものである。


 公と民の違いはあるが 先月は 日光地区のスポーツ施設の休止が話題になった。

 大幅な赤字と施設の老朽化が原因である。


 日光市の人口は 20年後 約2万人減少する見込み

 人口減少社会をどのように捉えるか、どのように迎えて乗り切っていくか

 あわせて、幸せに生きていくか


 真の意味での 「選択」をする時がきていると感じます。

 「市民サービスの向上」の建て前で、「未来へのつけ、負担」を増大させてもいけない。

 
 市民と協働のまちづくりは推進しながらも

 「選択の責任」は行政にある。

 また、それを監視、チェックしていく 議会、議員の責任も、同様である。

 是非 ご一考頂ければと存じます。

ハコモノ

 今月号の市の広報と一緒に「日光ハコモノがたり」なる漫画が届けられました。

 今市工業高校の生徒さんの協力のもと作成されたものです。

 13780729953511.jpg


 公共施設の維持管理に関して今後見込まれる市の現状(人口、財政など)を

 分かり易く漫画で表現されており

 素晴らしい出来です。


 是非 ご一読頂ければと存じます。


 本日は 10時より本会議(議場)が開かれます。

 議案に対する質疑の後、各常任委員会にそれぞれ付託されます。

 概ね30分ほどの本会議です。

 ネット中継もありますので、時間の許す方は視聴頂ければと存じます。

 13780732842892.jpg
 ご近所の庭の花 名前はわかりません。草花が目に留まる季節ですね。

税金の使い道

 13日午後から15日にかけて 初盆回り

 新聞広告や議会広報誌には 自粛がうたわれるが

 あくまで お金や物は持っていきませんという事と理解している。

 
 決まりは守り 名刺のみで 焼香させて頂くが 少し心苦しいのが正直な所です。


 政治にお金がかかりすぎる、持っていく気になれば幾らでも配れる(買収に繋がる)

 という観点からの決まりであると思います。


 今どきの議員ですので 決まりはしっかり守って 心を込めての焼香に努めたいと存じます。


 さて、古河電工の所有するスポーツジム閉館に伴う問題が 本日付け下野新聞に

 掲載されました。

 13767810081561.jpg

 採算が合わないことと施設の老朽化が主な原因

 利用者は存続を求め、市にも相談が来ているが 市では「対策を検討しているが、難しい」との

 記事であります。


 市民(高齢者)健康維持や子どもたちの体力づくりを考えれば

 身近なジムの存在はベターであります。


 が、すべて行政が対応していくというのは限界があると考えます。


 会員を増やす努力をすることや会員料金の値上げを検討する事

 運営者を募る事、コストダウンを図る事などを行った上での検討というのが

 順番ではないでしょうか?!


 今市地区(バスや車で35~40分)の所には 同様の民間施設があります。

 その施設からのバスの送迎も可能と考えます。


 利便性とコスト、公金の使い道

 皆さんも考えてみて下さい。


 この話を聞いて かつて今市の「かましん」が入る ショッピングセンターの話を

 思い出しました。

 経営悪化により 市が購入する話が検討された事です。

 幸い 間際で 民間の方が購入いただいたおかげで 市は公金を投入することはありませんでした。


 民と公の「役割」と「線引き」

「官民協働のまちづくり」が叫ばれる昨今

 よくよく考えなければならないと考えます。

 13767828708812.jpg
 今朝のウオーキングより一枚 下小代駅付近のキバナコスモス 秋の気配です。
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。