スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員定数

 先日 午後は 議会活性化特別委員会も 開催された。

 テーマは 3年後の「議員定数」が主な議題

 それぞれに 意見が異なり 活発な討議となった。

 定数と報酬は密接に関係しているが とりあえず、定数と報酬を分けて意見を述べることとした。

 委員長は 落合みつ子委員長。


 概ね3つのものさし(価値観)と捉えた。

① 日光市は広いので削減の必要は無し

② 削減するにしても 意見をよく聞いて慎重に

③ 削減の方向で 検討すべし



 私の発言・・・「日光市の財政規模は現在413億円であるが、今後の超高齢化社会を考えるとゆくゆくは35

0億、300億と 財政は縮小していく可能性が高い、あわせて、現在、議会活性化検討委員会で 活性化策を検

討しているが、3年後は 議会が組織としても 議員個人としても 現在よりも益々活性化している事を前提に議

論をしていくべきと考える。 よって、削減の方向で議論検討すべき」


 いずれにせよ、なかなか 結論に至るには ある程度の議論が必要であろう。

 あわせて、議会としての意見集約をしたうえで、もしくは A案とB案 2案ぐらいに絞れた段階で

 市民の皆さんの意見を聞きに伺う(議会として)事も 必要であろう。


 今後の推移を見守っていただきたいが、ご意見があれば どんどんお寄せいただきたい!!

 
 ちなみに 私は 定数の削減には賛成であるが、報酬の削減には反対である。

 むしろ歳費をしっかり見るべきと考える。(日光市議会は現在 歳費は無い)

 若い子育て世代が 政治参加し得るには、現在の報酬は少ないと考える。

 もっとも しっかりと議員活動に専念することが 前提である。

 以前も記したが つまるところ、高いか安いかは

 議員が どれだけしっかり仕事をしているか、日光市民益に貢献しているかに

 つきる! と考える。


  
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。