スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳情

 今朝は 日光連山にかなりの雪

 CIMG1300.jpg

 いよいよ 本格的な冬の到来です。 風邪などひかぬよう健康管理に気をつけたいものです。

 さて、議会のたびに 様々な 陳情が 上がって来ます。

 「陳情」といっても ピンときませんよね。

 例えば、ある団体から 労働環境が悪いので改善するよう国に意見書を提出してほしい。等があるとします。

 地方議会は 地方自治法で国に意見書を提出することができる事になっています。

 おおよそこのような陳情は 時期をみて、県内、もしくは全国の市や町に同時に出されます。

 勿論 その陳情は 国の関係機関や総理大臣宛にも同時に提出もしているのですが 国を動かすために

 地方議会にも賛同をもらい、一気に国民全体の意思として国を動かす原動力とするという事なのだと思います。

 陳情案件について 調べれば調べるほど 行き着く先は 国の財政問題と日本の直面する少子化、高齢化社会の 現実です。

 
 例えば 「最低年金では高齢者はやっていけない。もう少し条件を底上げしてほしい」とする。

 年金は 給付と負担の原則があり なるべく多く支給してあげたいが、現役世代がその負担を負うこととなる

 結果 今の子どもたちにもつけがまわる。

 景気や物価にも左右されるが 基本的には 国、社会全体の景気が良くないと無い袖は振れない。

 
 そこで、税制の抜本改革が叫ばれる。

 消費税を上げ(ただし 食料品や日用雑貨、日常使う衣料品などは 据え置く方が良いと個人的には思う)

 年金や福祉、医療などの社会保障費に充てていくしか無い ほど国家の財政は逼迫している。

 されど、それをやらずに 政府は何とか乗り切ろうとしている。

 無理である。


 陳情の調査のため 事務所にこもって調べ物をしておりましたが、頭が痛くなってきてしまいました。


 有言実行内閣・・・・。

 「できないものは できない!」と正直に言うことも大切です。

 まず そこから 再スタートを切ってみては!?

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。