スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋

 名古屋市で 議会の解散の是非を問う 住民投票が実施されることとなった。

河村市長との 住民税減税に関する衝突が その発端と報道されている。

 そもそも 議員報酬が2000万以上というのは しばらく前に話題となった。

 それは、いくら政令市でも高すぎると思うが、解散の住民投票となると 議論の焦点はまた別。

市長と議会が意見の相違があるのは、当たり前である。

それより、オール与党、馴れ合いの議会の方が問題だ。

2元代表制というのは、どちらも選挙によって選ばれた市長と議員で構成する議会がそれぞれの立場で

市政に関わっていくもの。

時に意見はぶつかる。

河村市長は 住民税減税を訴えて当選した。だから私に逆らうことは市民に逆らうこと。

果たして、そうだろうか。

 本当に自分の政策を認めてほしければ それが市民のとって良い事であれば

議会や議員を説得する努力をどこまでやったかが問題である。

はじめから、けんか腰の人に その通りですねとは 中々 言えるものではない。

住民税を減らすといって反対する市民は何処にもいない。

マニフェストは他にもあった。

あわせて、署名を集めたのは 市長の支持団体が中心。

すこし、「力わざ」を感じざるを得ない。

最も、世間、政治を変えるには このくらいの荒療治は必要との意見もあろう。


メディアに登場する頻度や知名度は 圧倒的に市長の方が有利である。

少し 不公平な気もする。

 事態の本質は もう少し 掘り下げて考えてみる必要があると感ずる!

 少し経緯を注視したい。


 阿久根市にしろ名古屋市にしろ 強引な首長が騒がれているが、

 議会や議員の本質が問われていることは 確かである。

 
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。