スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域政党

 本日 11年ぶりに 我社に税務調査員がおみえになった。

経理士の先生と相談しながら きちんと税金を納めていたつもりだが、若干の解釈の違いがあったようだ。

 さすがにプロで 理路整然。勉強になった。少し授業料はかかりそうだが?!


 さて、本題。 愛知県知事 名古屋市長選で それぞれ「減税」を掲げた方が当選。

名古屋市議会も 解散し、改めて選挙を行うこととなった。

 河村市長派を 多数当選させ 主導権を握り、政策実現を目指すとのこと。

 少し 疑問も感じざるを得ないが、

 
 大阪の橋下知事も 維新の会を立ち上げ 同士を募り政策実現を目指す。


 良し悪しは別として、

 日本の政治が始って依頼 この地域政党という風が はじめて吹いている。


 ある国会議員に 少し前に言った事がある。

 「地方分権、地域主権の時代・・・政治も地方分権できないものでしょうか!?」

 「国会議員の下に県会議員が・・県会議員の下(もと)に市会議員が・・・

  ちょっと如何なものか?と思うんですけど!」


 ある国会議員・・・「政党政治は そう(地方分権)はならないんだな・・・!」


 どうして、どうして、 地域政党!  

 自民党、民主党の推薦する候補者を 一刀両断にした今回の知事、市長選。


 地方政治の変革が起きそうな 予感もする。


 今の所 大都市圏の話で 本当の地方に伝播していくには まだまだ時間がかかりそうではあるし

 その実現も 良し悪しも含め 未知数であり、推移を注視したい。

 
 最も、自らも地方議員であることを 棚に上げるつもりはないが、所感を記しました!








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。