スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈍感(どん菅)

 国会会期延長をめぐって 民主党内がバラバラ

というより 総理VS民主党員という感じで もはや政権与党のていをなしていない。


 震災の被災地や被災民をたてに 総理の椅子に居座り続けようとしているようにしか見えない。

 
 自らの存在が 種々の弊害 まさに被災地のがれきであることに気づくべきである。

 周りが全く見えなくなっているのか?!

 引き際を知らない政治家ほどたちの悪いものは無い。


 まさしく 鈍感? 鈍菅!!といわざるを得ない。


最終的に 幹事長らの説得により 3次補正は 新首相の下で・・ということで

 合意を見たようであるが、「そんなことは 言っていない・・」

 と ならなければ良いが・・。


 「こんな時に 何をやっている!」と 野党への批判もあるが

 私には 総理の一連の行動のほうが 「異常」に見えますが・・・

 

 さて、地方議会の小さな議場にて 本日 一般質問をいたします。

 「市 職員の人材育成について」

 災害と無関係のように見えるこの案件も 実は大有り。

 被災地で復興に奔走する職員の皆さんを見れば(思えば)

 日光市にとっても 重要な案件です。


 粛々と 質問をしてまいりたいと存じます・・・。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。