スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挙党一致?

 出来ない約束をしてはいけない。

 原発対応、財政再建、税と社会保障の問題など 直面する国難を考えれば挙党一致は理想である。

 されど、震災発生前から国難は続いていた

 にもかかわらず、親小沢VS反小沢の縮図でこれまで来たのは それなりの理由があろうと思う。


 水に流して 挙党一致?  


 そもそも 党員資格停止の大物の一挙手一投足が脚光を浴びている党って 何なのだ?


 勝つためには手段を選ばない 政治特有の「建前論」なら理解はできるが・・・


 

 ただ、「挙党一致」の解釈も 少し冷静になって考える必要もあろう。

  
 党の要職や大臣ポストを取るばかりが 挙党一致という事もなかろう。


 役に付こうが付くまいが 全員で国難に立ち向かう気概を持ってそれぞれの職責をまっとうすれば

 これも 挙党一致

 おそらく 前原議員の挙党一致は こっちの意味だと思うが・・・



 誰がやっても大変だが 国難に立ち向かう しっかりとした気概を持った総理誕生を

 願うばかりである。


 代表戦の日程を極端に短くした 民主党執行部の判断には 敬意を表したい


 ただ、2年間で3人目はちょっと如何でしょうか!?

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。