スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義兄

 本日は  市民福祉部に所要で15分ほど

 他は 事務所にて 事務調査を行った。


 さて、私と妻のある会話

 私・「あんちゃん(義兄)は 今何処にいるんだ?」

 妻・「しばらく ブログ見てないから わかんない」


 義理の兄は 少し変わっている(私から見て)

 小説を書いたり 絵を描いたり 音楽家でもある

 いわゆる芸術家だ


 結婚したての頃(30歳前後)の頃 いや40歳近くまでは 義兄の生き方は

 私には よく理解できなかった


 長男ではあるが 仏壇の管理(仏様の供養)はしない

 定職は持たず 好きなことをやって 生きていければよい

 結婚はする気がないわけではないと思うが あまり深くは考えてはいない・・ように見える

 そんな感じだ


 実は 3年前 父の葬儀に際し 兄が作った歌を一曲披露してもらった

 その曲名は「今日は死ぬのにもってこいの日だ」

 ちょっとふざけた楽曲のように思えるが この歌の歌詞が中々深い


 その歌詞を聴いて 初めて 兄の人としての暖かさと奥深さを理解した・・気がした。



 そんな訳で 兄は 今も全国を飛び回っているようだ

 震災の復興にも関わっているらしい(ブログを読むと)


 名前は 「杉山 明」

 是非一度 お時間があれば 兄のブログ(日記)を見ていただきたい

 今は 兄の生き方が ちょっと羨ましいし尊敬もしている


 まね出来ませんが・・・

  アキラマニア
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。