スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反論

 本日付け 地元紙に 日光市の不正入札事件について ある大学教授のコメントが

 掲載されていた


 「価格の事後公表自体が 癒着を招く源」という趣旨のコメントであったと思うが

 非常に 心外である。


  同時に 変動相場制の 最低制限価格も訴えておられたようだが

 「会社の生き死にを 運に委ねる」ような制度はありえない


 努力が足りずに倒産するなら納得も出来るが

 運が悪いので倒産では あまりに悲しい



 現場の実情を理解せず 机上の評論なら 誰でも出来る


 地元紙には 多角的見地からの取材と記事を検討いただきたいと存ずる


 肝心な事は このような事件を踏まえて 今後どのような対策を講じていくか

 ということである


 制度の良し悪しに視点がいきがちであるが


 事の本質は 簡単である


 普段 子どもたちに言っているように


 「決まりを守ればいい」だけのことである。


 これで、事前公表に逆戻りをするようでは

 今後も このような事件は 後を絶たないであろう

 
 いっそのこと 最低制限価格を公表してしまえば

 一切事件は起きないと断言できるが

 その場合 行政の信頼は地に落ちる


 なぜなら 行政の持つ情報は 入札だけではない

 他の情報も 漏れて当たり前の体質を 

 今後も継続するということを宣言することに他ならないからである。



 話は全く変わりますが

 役所の帰りにふと目をやれば 車庫前に新車が

 2011120210350000.jpg

 市が導入したのは 日産リーフ 電気自動車です

 時代(文明、機械)はどんどん進化する

 人も時と共に進化すべき所は 進化しないといけませんね!


 「不変の良さ」もあることも否定はいたしませんが・・・。

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。