スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会改革

 「議会改革」・・・今 全国の議会で盛んに議論されている

 橋下大阪市長や 名古屋の河村市長など,首長と議会の格闘(対立)が 話題を呼び 

 議会の存在意義が議論になったことにも 少なからず影響があろう


 日光市議会においても議論中であることは常々紹介させていただいているが

 少し噛み砕いて説明したい

「改革とは・・・」どういうことか 私見であり賛否もあろうかと思うが少し記したい。

・改革を進めるということは 議会の「組織としてのポテンシャル」を上げていくということ

 ・ポテンシャルを上げていくということは 「情報公開と説明責任力」を上げていくということ

 ・「情報公開と説明責任力」を上げるためには 

個々の議員が委員会活動や組織内の役割をもっと果たしていくということ


 どういうことかというと 議員の個人的活動もやりながらと組織の中の一員としての活動も

 これまでにも増して しっかりとやっていくということ


 結果 現在よりも数段忙しくなるということ


 議会を活性化していくことが 日光市の発展、継続につなげていくのは勿論のことであるが

票に結びつかないであろう組織の一員としての活動に 個々の議員がどれだけ汗をかけるかが問われる


 改革の歩みにおける 一番のハードルは

 議員個々のその「価値観」にある

 現在の29人の「物差し」が その歩みとスピードに影響を与えるのは言うまでもない


 これまでの通り 改革の歩みを進めるべく 粉川議員共々 発言をしていくつもりであるが

 やはり「物差しの違い」は否めない・・・部分もあるのも事実


 前進させるべく・・・頑張ってまいりたいと思う今日この頃です!!


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。