スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政における各種計画

 本日 12月議会閉会 すべての議案が可決されました

 国民健康保険税の税率改定並びに図書館の指定管理に関しては

 反対討論が行われましたが 賛成多数で可決の運びとなりました

 ちなみに 私は全議案に賛成を致した次第です


 その後 議員全員協議会が開かれ 各種報告が行われました

 今回目立った報告は 各種計画に関すること

 ・行政改革プラン原案

 ・高齢者福祉計画、第5期介護保険事業計画原案

 ・庁舎整備指針
 
 など、計画原案がずらり

 2011121916190000.jpg

 行政は このような中長期計画にもとづいて 日々の業務を行っていく

 国の指導もあるが、確かに 1,000人以上の組織を動かすとなれば

 目標設定は大切である。


 が、・・・計画を作ることは 計画を現実に近づける作業と同時に

 その後の進捗管理と事後評価作業も伴う 

 
 事務事業コストは膨大だ

 
 コストに見合った 市民サービス向上の視点で評価すると?もある。



 同時に 決められたこと意外は手を出せなくもなる(と思う職員が多い)

 いわゆる 柔軟性に欠けることになる側面も同時に併せ持つ


 更には、計画の遂行ばかりに気を取られ

 時と共に変化する 市民生活や二ーズをくみ取れなくなってしまってもいけない


 いずれにせよ

 大局的に示唆していくのも 議員の務めと心得 進捗を注視したいが

 職員各位には 「スピード感」と「柔軟性」を常に心得ていただきたいと思う。


 やっぱり 「職員の人材育成「と「風通しの良い職場風土の醸成」は 喫緊の課題であると存ずる!!


 

 


 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。