スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス

 本日は 原発、放射能に関する講演会を拝聴して参りました。

 約200名ほどの方が 興味深そうに聞き入っており、私も勉強になったしだいです。


 さて 日頃 市内を走っている 「路線バス」

 関東バスや日光交通、市営バスなどなど

 全部が黒字路線・・・の訳がない


 民間会社の道理で言えば 赤字路線は廃止するのが当然

 でも それでは市民が困ってしまう。


 そこで 市では赤字路線の運行補助金として

 「生活路線バス対策費」を充てている。


 平成24年度予算(案) 1億2千7百万円


 市では 「日光市生活交通再構築計画」を策定し

 利用者の満足度が向上する運行形態への転換を 順次図っていく計画だ。

 
 手始めが 落合、猪倉、小来川地区に 本年4月から導入される「デマンド交通」


 「空気を運んでいるのではないか? 無駄だ!」という声も 間々聞かれていた市営バス


 完全予約制を取り 空気は運ばないようにする

 併せて 停留所を大幅に増やし それ程歩かないで乗り場まで行けるようにする。

 ただ、あくまで 鉄道や他の公共交通と市民を繋ぐ役割に徹するので

 限られたエリアで 決まったルートでの運行だ。


 小代で乗って ジャスコまで・・ 今市病院まで・・という訳にはいかない。


 コストの削減と利便性の向上にはなると思うが もう少し便利さを求めたいものである。


 デマンド交通エリア内には 今後細かな案内がされると思いますので注視いただきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。