スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会

 消費税関連法案について 大詰めの駆引きが 永田町では行われているようだ。

 確かに この時期、戦後の歴史の中で 最も困難な時期に 増税は反感をかうであろう。


 それでも あえて前に進もうとするする姿勢は評価に値すると考える。


 増税関連法案に賛成すれば こんな時にと批判される。

 反対すれば、行き詰るであろう社会保障や年金はどうするつもりなのか問われる。


 現在国が抱える財政的な困窮状態も

 大災害と捕らえれば 国民一丸となって立ち向かうしかない。

 ただ、自然災害とは言いがたい。

 人災の要素が濃い。


 そうだ。55年体制以降 国を欲しいがままにしてきた

 政治家や官僚がもたらした人災だ・・・と言いたい方が殆どであろう。


 が その政治家を選んできたのも何をかくそう国民である。


 人災の人の中には 国民も含まれるとも取れる。



 巨大津波が目前に迫ってきている今

 争っている暇は無いと考える。


 物事の賛成、反対は 次元、尺度を狭めれば狭めるほど意見は分かれる。


 国家の危機を何とかしよう・・・賛成

 破綻しかねない社会保障問題を何とかしよう・・・賛成

 経済対策 デフレ脱却を図ろう・・・賛成

 少子化を何とかしよう・・・賛成


 消費税は いつかは上げなければやっていけない・・・賛成多数

 じゃ2014年度から 段階的に引き上げよう・・・賛成・反対


 誰でも賛成できることは簡単である。

 意見が分かれることを しっかり議論をし結果を出すのが政治

 経済の好転を条件(出来なかったら上げない)に

 今は 前に進むべきであると考える。


 自らの選挙の当落を頭におかず

 議論している国会議員が何人いることやら?

 優先順位は  1、国と国民の未来  2、自分の近未来(選挙)ですよ。


 



 

 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。