スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治の常識・世間の非常識

 民主党代表選挙告示を9月1日に控え 報道も熱を帯びてきた。

 覚めた目(何やってんかな?)で見ているのは 私だけだろうか?

 少し思う所を記したい。

 「総選挙もやらずに総理を3人も変えるとは何事だ!」と言っていた民主党

 つい2,3ヶ月前 「政治とカネ」の問題で 鳩山首相と一緒に辞任した前幹事長が話題の中心だとか?

 本県選出の国会議員も「是非、小沢さんに立候補して欲しい」と26日に要請するとか?

 「政治とカネ」の問題は 決着がついたと国民は誰も思っていない。むしろその逆で

 「火のないところには煙は立たない」と思っている人の方が 多いのではないか!?

 第一 当の本人は 「衆議院選挙のマニュフェストをしっかりやっていく」と言っているだけで

 その財源も国家像も何も語っていない。なのに待望論? よく理解できない。

 

  
 円高をはじめ国家の大問題が山積する中、軽井沢に大挙して押し寄せ「国民のくらしが第一」?

 「国民のくらしが第一」と言っていれば 「何でもあり」だとでも思っているのか。政治家としての前に

 人としてのモラルを疑う。

 国会は立法府 すなわち法律を作り 国民に対して法律を遵守して 日々の経済活動や生活をするように促す所である。

 その国会をつかさどるのは 国会議員の面々だ。

 法を遵守するのは当たり前だが、もう少し モラル(常識)を考えるべきである。

 よく「政治の常識は 世間の非常識」という言葉を耳にするが ここまであからさまにされると空いた口がふさがらない。

 菅総理が良いか悪いか、民主党政権がどうのこうのと言うつもりはないが、「国民の生活が第一」と言っている面々が 本当に「国家の危機」を憂いてるとは、到底思えない。


 常識で考えれば 解散をしないのであれば、その後の国会運営がどうあれ、総選挙の時期がいつになろうと菅総理続投が当たり前だと思うがいかがでしょうか?!

 菅総理も 「自分が総理続投であれば 総選挙は3年後のダブル選挙だ」などど空手形は良くない。

 堂々と、日々 国家の危機に対応すべきと考える。

 

 



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。