スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口

 連休だというのに 事故や事件がやけに多く耳に入ってきます。

 おまけに 悪天候  土砂災害が無いことを祈るばかりです。


 さて、24年5月1日現在の 日光市の人口が 市のホームページ上で更新されました。


 36,160世帯で 89,731人


 9万人を割り込んでしまいました。


 合併当初 9万6千人と記憶していますが

 おおよそ 年間1,000人単位で人口が減少してきた事となります。


 10年後 8万人弱

 20年後 7万人弱 と予想がつきます。


 今の行政は 定住促進策や子育て支援策など 各自治体が競って住民サービスを向上させるべく

 税金を投入しております。

 
 住民サービスの向上は大切なことですが

 人口減少社会に 抗うことは出来ません。


 今後は そのサービスの原資となっている税収も減少していく事も考えねばならない現実があります。


 選挙の公約では 耳障りのいい施策(給食無料や医療費の現物給付など)=(票になる施策)が 

 声高に叫ばれる傾向がありますが、何処まで継続できるかも念頭に置くべき時がきてると感じます。


 人口は減少していく・・・されどサービスは落とさない・・・とすれば外貨を稼ぐしかない

 が 地方自治体が出来るのは 限界がある。

 どこの自治体も同じような施策をとっている。

 要は 人(観光客や企業、住民)の奪い合いだ。

 
 これは 切磋琢磨と言えるのであろうか?


 人口減少社会の到来にむけて

 行政も住民(国民、市民)も「幸せの価値観」を今一度考えてみる必要があるのではないか。


 目の前の対応はしっかりやりながらも 近い将来も念頭に入れた行政運営(経営)が重要である

 と感じます。

 2012050211220000.jpg
実家の庭の シロヤシオ 桜の次は ツツジが身頃な時期です。

 本日は、午後6時30分より 会合一つ

 明日4日は 知人の法事に参加させていただく予定です。

 連休後半 よき休日をお過ごし下さい。

 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。