スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除染

 あくまで 補正予算成立(5月15日臨時議会)が前提であるが

 市では 除染実施計画に基づいて 市内小中学校全38校

 保育園、幼稚園、児童館、子ども園(公立、私立を含む全施設)

 18歳以下の子どもがいる全世帯(約7,600世帯)0,23マイクロシーベルト以上の箇所

 において 校庭、園庭の表土入れ替えを行っていく予定でいる。


 予算は 約9億1千2百万円

 内訳は国庫支出金 4億5百万円 、基金繰り入れ 5億6百万円


 除染にかかった 市の負担は 後ほど東京電力に賠償請求する事になる

 との市の見解であった。(粉川議員の質問に対する答弁、5月8日全協)


 作業は 主に夏休み期間を念頭に 秋口までには終了させたいとの事であった。

 
 市内企業(除染に関する専門の講習を受けている企業)に対して指名競争入札を

 行い 業者を選定していく予定である。

 2012050910110001.jpg

 2012050910060000.jpg

 先だって 市では 田植え時期を前に 市内農家に カリ質肥料の無料配布を行った。(28,000袋)

 セシウムを吸収し 稲への影響を抑える効果を見込んでの策である。(NHKでも放送された)

 
 補助金を活用したが 予算は 5千5百万円


 安全、安心には 必要な支出   今後も放射能対策には予断は許さない現状

 市では 対応に追われるるという意識よりも

 先を予想して迅速に対応していくという 積極的な対応を求めたい。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。