スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃棄物処理施設

 指定廃棄物(8000ベクレル以上の焼却灰等)を埋め立て管理する施設の場所が

 環境省より知事に伝えられ トップニュースとなりました。


 寝耳に水の 矢板市では 「到底受け入れられない」との 市長の発言が報道されております。


 県内の焼却灰は 既に満杯状態

 日光市でも クリーンセンター内で保管をしておりますが

 ほぼ満杯の状況であり


 仮に場所が決定したとしても

 住民説明や建設期間(約2年)を加味すれば

 日光市においても その間の対応(借置き場の確保)は急務であります。


 ごみ焼却施設と同様  迷惑施設は誰でも どの地域でもゴメンでありますが

 何処かに作らないと 誰もが困る問題

 
 候補地(矢板市国有林)決定のプロセス(過程)の説明と

 その後の住民生活への影響、 施設受け入れ条件等

 懇切丁寧な 分かりやすい説明が まず第一でしょう。


 受け入れをしてもらう 県内市町や県のかかわり方も

 今後 重要になってくると思います。

 
 市長会や議長会でも意見の摺り合せ等も出てくると思いますが

 政権が非常に不安定な折

 何処まで話が 落ち着いて進められるのか

 一抹の不安は 感じざるを得ません。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。