スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視察報告その2・呉市

 呉市はH15年~H17年にかけて 近隣8町との合併を果たし 現在に至ります。

 人口24万4千人、造船と鉄鋼、観光のまちであり 

 8つの島を含む海岸線は300キロにも及ぶそうです。

 NCM_0117.jpg
 今回班長を務めました。行く先々で 挨拶をさせていただきました(約2分程度)

 NCM_0292.jpg

 平成15年(9年前)に 既に 市民協働推進条例を制定していた呉市

 全国的に見ても早い取り組みであります。

 
 1つの事例・「ゆめづくり地域交付金の概要」

 
 市内28地区に 地区まちづくり委員会を設置し

 市民が行う活動をこの委員会で市民自らが決定していきます。

 市はそこに「ゆめづくり交付金」なるものを 基礎額+人口割額を交付してゆきます。

 各地区の金額は150万円~300万円・全体の合計額は4,650万円という施策の説明を

 詳細にいただきました。


 「自分たちのことは自分たちで決める」

 まさに自治の根幹を考えさせられるものでもあります。

 
 一方から見れば「ばらまき」とも受け止められかねないこの事業の本質は

 まさに自助、互助によるコミュ二ィティーづくりを進め、地域力を向上させていくところに

 あります。


 非常に参考になる視察内容でした。


 市の執行部、担当部署には 後ほど詳細な報告をさせていただく予定であります。


 NCM_0162.jpg
 7年前にオープンした 「大和ミュージアム」も視察して参りました。

 NCM_0152.jpg
 修学旅行生も多く訪れていました。


 NCM_0154.jpg

 NCM_0147.jpg
 テレビドラマでも放映された人間魚雷 「回天」です

 NCM_0127.jpg
 戦艦大和の乗組員の中には 栃木県出身の方も9名おられたようです。

 NCM_0123.jpg

 NCM_0157.jpg
 向かい側には 陸に上がった潜水艦「あきしお」


 造船、鉄鋼を中心に瀬戸内有数の工業都市である「呉市」

 大河ドラマ 平清盛にも出てくる「音戸の瀬戸」

 大和ミュージアムや潜水艦の見学施設 そのまちの歴史背景を武器に

 積極的な観光振興

 バランスの取れた 底力と将来性を感じさせられる「呉市」でした。

 NCM_0174.jpg
 これより瀬戸内海を約2時間かけて愛媛県松山市をめざします。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。