スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師

 先日 中学時代の恩師より 文芸春秋のベストエッセイ集を戴いた。

2009年度中に 発表されたエッセイから 2次にわたる選考を通過した120篇が候補作として選ばれ、日本エッセイスト・クラブの最終選考によって、51篇のベストエッセイが出版されたものである。

 CIMG1006.jpg

 「父の音」という 題名で 恩師のエッセイもその中に掲載されていた。

 先生の子どもの頃の父上との記憶を紹介したエッセイであるが、非常に心の温かさが伝わってくるものであった。と同時に私も2年前に他界した父の記憶に心を寄せた。

 先生はもうすぐ70歳 中学時代には国語の先生であり、いろいろ教わったのだが、私の読解力や文章構成力、表現力は結構乏しい。そう考えると申し訳ない。

 中学時代は 先生に対して生意気も結構言っていた自分であるが この年までお付き合いいただくと 恥ずかしくなるエピソードも結構ある。が、今でも いつでも お会いでき 話が出来る環境に感謝をしている。

 これからも 元気でエッセイを書き続けて戴きたい。

 しばらくは 持ち歩き 同級生や興味のある方にご覧戴きたいと思う!

 ちなみに 不思議な縁で 先生の誕生日は私と同じ  1月25日です!!

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。