スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員定数

議員定数について 一昨日の新聞報道でもありましように

定数26=13票

定数28=15票

という結果にて 次回の選挙における定数は 28と決しました。


この結果に対して、意見は様々であろうと思います。


議会経費は約3億円(事務局員7名+広報紙その他)

議員報酬は626万円×29人(現在)=181、540、000ー

視察経費などを勘案すると 約1億9千万円です。


何度も記しましたが、問題は中身(議員の資質と活動内容)である事は 当たり前ですが

その中身(議員)を選ぶのは あくまで有権者 即ち市民の皆さんであります。


定数と報酬の問題は 今後も永遠の課題になってくると思いますが

13票対15票というのが 現在の日光市議会の現実であることに

変わりはありません。

今後は報酬について 議論をすることなると思いますが

減らすべきという意見は 少数になることは

予想できます。


人口減少、少子化、高齢化を加味すれば

厳しい現実は 甘んじて受けるべきと考えますが

目の前の痛みを受けいる覚悟が あるか否か!?

各議員の主張を 聞いてみたいと考えますが

26人を主張した私としては

2人分の報酬、経費 700万円×2名分=1、400万円÷28=50万円の減額は

提案したいと考えます。


明日は15日は、幼稚園の卒園式に参加予定です。

可愛い卒園児に

しばしの安らぎを頂きに 行って参ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。