スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月議会 質問

 6月定例会が、間もなく開会されます。

 今回 質問に立つ議員は12名(12日、13日)の予定です。


 昨日は 提出した 通告書にもとづいて 関係各課の聞き取り(ヒアリング)が行われました。


 今回の私の質問で関係する課は 

 管財契約課、行政改革課、建設課、農林課、財政課と多岐に渡るため 総勢15名ほどの

 部課長、係長さんとのヒアリングであり 1時間を要しました。


 これは 決して摺りあわせというわけではなく

 私が、何が聞きたいのか。どうしたい どうするべきと考えているかを 的確に伝えておく必要が

 あることと、執行部側も 答弁作成にあたる上で 質問者(私)の質問趣旨を 理解しないと

 トンチンカンな答弁になっても困るし 何より 時間と手間の無駄になり、議論がかみ合わなくても

 市民の皆さんに 説明がつかないということもあります。


 そういう意味で 必要な作業と心得ます。


 さて、今回の質問 ①は 行政財産の有効活用について(自動販売機について)です。

 県や 他市では 既に入札制度を取り入れておりますが

 日光市では 行われておりません

 年間2800円程度の使用料+電気代で 設置しているのが現状です。

 
 市民の財産である 市庁舎や施設でありますので

 適正な設置価格と説明がつく設置基準があるべきと考えます。


 現在は 早い者勝ちなのか? 設置経緯すら 分からないのが現状です。


 入札制度導入で 高い設置価格を提示された業者に設置を許可していくというのが

 公正、公平であると考えます。


 ただ、この場合 力のあるメーカーばかりが 独占しても困ります。


 メーカーと 地元小売店との バランスも加味しながらの 制度構築が必要です。


 といった趣旨で

 とりあえず、新施設からの 入札導入を提案し


 徐々に拡大を図っていくことも 併せて提案したいと思います。


 歳入の確保では 間違いなく「増」に動くでしょう。


 設置業者の皆様におかれては これまでとの仕組みの変換は

 マイナス要因もあるかと存じますが

 人口減少、高齢化社会の到来により、厳しい財政運営が今後予想される中

 行財政改革の一環と ご理解をいただきたいと存じます。

 (ちなみに まだ答弁はどうなるか分かりません。私の主張が通った時の話です)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。