スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定数と報酬

 議員定数に関しましては 定数条例を議員議案で提出し

 来年4月の選挙より 定数を28として行うことが決しました。


 私は 26を主張しましたが 

 決して見ると プラスの部分も確かにあります。

 一つは 新人議員の枠がある程度担保されたこと。


 各市の議会によって様々であると思いますが

 日光市議会の議員の年齢層が関係してきます。



 現在29名の議員がおります。 実質1減ということになりますが

 現職は 次回の選挙に何人挑戦するかと予想をする時

 おそらく 9割に近い数が想定されます。


 現職議員の経験をもってすれば

 その90~95%は 再選される確立が高いと予想されます。


 では 新人枠は?!と考えると 28もやむなし という考え方も

 出来るという意味です。



 人口減少、高齢化社会、財政問題など 地方自治体も課題が山積する中


 二元代表の一方の議会も

 それなりの レベレアップを 議員個人も議会という組織も求められます。


 それには 4年に一度の代謝も重要であり

 新人の議員の登場により

 議会全体の意識や雰囲気が プラスに働くことを大きく期待するからであります。


 勿論 私自身が 精進していくのは 言うまでもありません。


 「議員定数 28」に関する


 私の所感の一端を 述べさせていただきました。


 この後は 議員全員で 「報酬について」 議論することになります。

 後ほど ご報告させていただきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。