スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議員辞職について

 2月定例会が間もなく17日に開会します。

今回市長選挙を4月に控え 後援会の幾人かの方に 議員辞職を早急にして

市長選挙に専念すべきとの意見を頂きましたが

私の考え方を記したいと思います。


 26年度の予算を審議する2月定例会は 非常に重要な位置づけにあります。

今後の財政状況を加味し 現執行部がどのような基本姿勢で予算を組み立てていくかは

4月以降市政を預かる意思を表明した私としては しっかり見極め審査しなければなりません。

その上で 無駄な予算は減額補正、足らざるは増額補正を図る事も必要になる場合もあるでしょう。


 併せて、4年前私に投票いただいた皆さんへの責任として 任期は(ほぼ)全うすべきであると考えます。

 病気ややむを得ない事情が無い限りは 最低限の礼儀であり義務であると考えます。


 市議から国政や県政に挑む場合は別だと思いますが

 市議から市長に挑む場合は 2月定例会をしっかり審議しての辞職というのが筋であると考えるところです。


 よって、2月定例会最終日 3月20日の辞職を現在予定しております。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

確かに、政論です。市政の現状を的確に把握する事が肝要だと思います。
この政治不信の事態を招いたのは、国民自身の責任だと思います。
自分の街は市民が創る。
街の可能性を広げて 指針を示すのが政治家の仕事だと思います。
従って 議会出来るだけゆ出席してください。市民の為に

Re: 書き込みありがとうございます。

> 確かに、政論です。市政の現状を的確に把握する事が肝要だと思います。
> この政治不信の事態を招いたのは、国民自身の責任だと思います。
> 自分の街は市民が創る。
> 街の可能性を広げて 指針を示すのが政治家の仕事だと思います。
> 従って 議会出来るだけゆ出席してください。市民の為に


自分たちのまちは自分たちでつくる気概 賛成です
若者に政治 行政に関心を持っていただくのも 政治家や市の責務であります
終わりなき戦いです。あきらめずに進みます
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。