スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪を除けるのに・・!

 少し気が早いが 2ヶ月もすると 雪が舞う!

日光市は除雪にいくら費用(税金)がかかっているか・・・?

昨年の決算では 約1億3千万円!

このほかに 県道は日光土木事務所(県)が数億円をかけて 行っている。

その冬の降雪量によって変動はあるが、結構な額だ。

もっとも 山間部(栗山、湯西川、湯元、中禅寺、小来川など)の豪雪地帯では、日常生活においても

観光の側面からも かかるものはかかるのも 致し方ない。

私も 仕事柄 除雪業務に携わったことがある。数年前は大晦日にドカ雪。一晩中除雪をした時もあった。


「除雪は役所がやるのがあたりまえ!」と 大方の市民の皆さんは思っている。し、これまでそのようにしてきた。

でも、よく考えてみると、「何処まで、どの程度やるの?」というのは、一考の余地がある。

雪道を走る時、スタッドレスタイヤを装備し、安全運転をするのは ドライバーの義務。
それが 証拠に 雪道で事故を起こしても 除雪をしていない役所や業者に責任は無い!

旧今市南部(市役所本庁以南)などは、結構雪が解けるのも早い。
いっそ 危険な場所だけピックアップして、それ以外は「やりません」というのも考えようによっては「アリ」
だと思う。

当然、これまでやっていたものを やめると 苦情が殺到するだろう。

同じ市民として、雪の量は違えど、栗山はやって大沢はやらないとなると 不公平感もでる。

それでも、2日もすれば解けてなくなるものに あまり税金を使うのもいかがなものか!?という意見もあろう。

役所と業者でよく相談をし、ハザードマップ(危険箇所)を共有し、効率的な除雪が出来れば一番良いが
それにしても市民の皆さんの理解は欠かせない。

「市議会議員がサービスを落とす話をするとは 何事だ!」と お叱りを受けるかもしれないが、日光市の将来を考える時 一考・議論の余地はあろう

前々から 感じていたことを 雪の季節の前に書き込ませていただきました。

皆さんの見解は・・・? ご意見をお聞かせいただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。