スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙その2

 選挙結果は 自民党の圧勝

 国民は 政治の安定と経済の好転 混沌からの脱出を出来そうな「現実的な選択」

 をしたと言えましょう。


 期待を裏切るとどうなるかは 民主党が身をもって証明してくれましたので

 自民党も よくよく 緊張感を持って そして真剣に取り組んでくれるものと思います。


 期待したいですね。



 さて、日光市を含む2区では、選挙戦を戦い 一度首をとられた2氏が 復活当選

 少し 疑問も感じる選挙制度ですが

 民意を汲み取るという意味からは

 公平な部分もあるかと思います。


 2区の有権者は 絶妙な判断を下したと言えるでしょう。


 全国でも 3人が代議士になる選挙区は 珍しく

 昨晩のテレビ放映の範囲では

 長野県の2選挙区で やはり 3人当選(復活2氏)の選挙区がありました。


 26日には 安倍総理が誕生の予定

 師走に選挙という 強行スケジュールで 世間に迷惑をかけたぶん(安倍総理の責任ではないが)

 日本再建のスピードを加速して欲しいものです。


 よく言われる 「矢継ぎ早に・・・」といったところで。


 とにもかくにも それぞれの選挙関係者の皆さんは

 選挙特有の お疲れモードだと思います。 ご苦労さまでした。


 
 さて、本日で 12月議会は閉会

 9時30分より 議会運営委員会

 10時より 本会議 採決

 午後4時より 秋の叙勲祝賀会

 気持ちを切り替えて 望むことと致します。

選挙

 一般質問は 無事終了

 少しは 一石を投じることが出来たと思いますが

 行政の仕事は多岐に渡ります。


 気付いた所から 「改善を促せる質問」を今後とも行って参りたいと思います。


 さて、連日の政見放送や新聞記事、週刊誌の予想など

 選挙戦も残す所あと3日

 各陣営とも ラストスパート

 多くの人員を投入し 最後の御願いに 東奔西走のこととなるでしょう。


 私も 出来ることを出来る範囲で 支持する政治家(政党)の応援を行うことと致します。


 ここで、今回の選挙に関する自らのスタンス、所見を記します。

 私は 無所属議員ですので 何処(誰)を支援するも自由です。

 自らの選挙を考えれば 「八方美人」がベストな選択でしょう。

 一生懸命 やればやるほど 「敵が増える」ことになります。


 されど 地方政治に関わるものとしては 無所属といえども

 自らの政治スタンス(考え方)は 場面場面(都度) はっきりしておくのが

 良いと思いますし そのようにすべきと考えます。


 今回の衆議院選挙では 自民党の候補者を支持する事と致しました

 変革を唱える 新生政党を 支持したい気持ちもないわけではありません。


 されど 地方の政治にかかわり 地方行政の現実、経済の実態を見るに付け

「一度 政権をしっかりと安定させ 

 諸外国と対等に渡り合い

 経済を好転させ

 雇用の場をしっかりと確保し

 国民の暮らしと社会保障基盤を確立し

 子どもたちや 若者の将来に しっかりと道筋をつけていく・・・」


 そのためには 何処の政党が「実現可能か!」という 現実路線を 判断の源と致しました。


 今は、自公連立を軸とした 安定政権で 政治をしっかりと前へ進めるべきと考えます。


 勿論 自民党にとっても 今回は 背水の陣で 政権運営にあたってもらわねばなりません。

 今度 失敗すれば 国民からの信頼は地に落ちることでしょう。

 解党もあるかもしれません。


 そんな自覚と覚悟をもっていると信じ 今回は自民党を支持する事と致します。


 ご理解を賜りますよう 御願い申し上げます。


 

公開討論会

 衆議院選挙関係の報道が非常に熱気を帯びてきているようです。

 離合集散はぎりぎりまで繰り広げられているようで

 あまりの野合ぶりに、結局どうなったか?!

 最後は 分からなくなってしまうかもしれません。


 さて、選挙の都度 討論会を開き 候補者の政策を聞き比べるのが「あたりまえ」に

 なってきました。

 ここ 10年ほどの流れです。


 最初は 候補者本人や 応援する支持者 選挙関係者の理解がいただけず

(出たら不利になるとの憶測)

 開催が出来なかったケースも多々ありました。


 されど 今は 討論が当たり前

 これまでの関係者の尽力に 敬意を表したいと思います。


 さて、急転直下の解散 総選挙ではありますが

 リンカーン・ホーラムと全国の青年会議所が連動し

 多くの選挙区で 一斉に討論会が開かれるようであります。


 短い時間での開催決定には 幾多の困難があったことでしょう


 栃木県内でも 5選挙区すべて開催される予定です。(5区は昨晩開催)


 日光市の2区は

 告示後の11日に合同演説会という形で開催されます。

 選挙戦最中の演説会ですので

 きっと熱のこもった演説(討論)になることでしょう


 場所 鹿沼商工会議所 アザレアホール

 時間 PM7:00~


 都合の付く方は 是非 ご参加の上

 各候補者の主張を聞き比べていただければと存じます。


 詳細(その他の選挙区)は 

 日本青年会議所栃木ブロック協議会のHPをご参照いただければと存じます。

衆議院選挙

 12月4日 告示  12月16日投票で 衆議院選挙が行われることが決まりました。

 選挙看板(掲示板)は 告示日には立っていなければなりません

 幸い 知事選が行われたばかりで

 候補者が4人以内であれば 左側の告知文字(衆議院選挙12月16日投票など)を

 上書きすれば そっくりリユースできますが

 4区など 5人立候補予定の所では どうするのか!?

 自治体は対応に追われる事と思います。


 勿論 2区(日光市など)でも 5人目の候補者が絶対いないとは限りません

 その場合の対応策は考えておくべきでしょう

 2枠ぐらい追加が必要かもしれませんね。


 知事選は8億7千万円の公費が使われました。

 衆議院選挙となれば 桁違い

 相当の税金が使われることになります。


 よ~く考えて

 自らの意志を行使(投票)しようではありませんか!!
 

知事選 告示

 本日 知事選挙が告示され 18日間の選挙戦に入った。

 が 今ひとつ 盛り上がりに欠けるのは否めませんね。


 されど この知事選

 実は 公費が 9億円かかるそうです。

 前回の投票率は32%


 何とか40%の投票はいただきたいものですね。


 NCM_0324.jpg
 鹿沼市における 街頭演説の様子


 戦う相手は 候補者ですが

 真の敵は 「無関心な世間」かもしれませんね。


 さりとて 候補者は 自分の考え政策を訴え続けるしかありません。


 候補者の健闘を祈念いたしたいと思いますが


 県民、市民の皆様におかれましては 是非 投票に足をお運びいただきますよう

 御願い申し上げます。


 尚 街灯演説の模様は 以前にもご紹介させていただいた

 「下野タイムス」さんのHPにて

 視聴いただけると思いますので 是非 ご視聴下さい

 
 下野タイムス
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。