スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県と市の連携、要望

 本日は 久しぶりに ウォーキング、スロージョギング40分

 気持ちの良い 朝でした。


 さて、本日の市長の予定は 午後 県への要望活動


 市では 毎年 項目を整理し県への要望を行います。


 勿論 地元選出県議会議員にも 事前に資料を届け

 都合がつく場合は 同行を願っていると思います。

 今回の要望項目(箇所)は35

 13751353259341.jpg

 13751353013960.jpg

 道路整備に関するものや教育行政、観光、農政など多岐にわたります。


 県では 各市の要望を含めて中身を精査し

 財政状況を睨みながらの検討、並びに 県から国へあげていく要望などを

 まとめていくこととなります。


 要望の中には 緊急を要する案件も見受けられます。


 市においては、現状を的確に伝え 

 県においては スピード感を持った 対応を望みたいところです。


 

行政財産

 行政財産は 色々ありますが 自動販売機について少し記したいと思います。


 (先日の 足利市長選 討論会にて)

 足利市は 自動販売機の設置料(所謂、ショバ代)を3年前、入札に変更したそうです。

 この場合 オークションと一緒で 高い人が 落札となります。

 本庁舎では 80万円(年間、1台)近い金額での 落札額です。


 結果 全体で290万円だった使用料が 3,800万円増の4,190万円に 跳ね上がったそうです。


 日光市の現状を 調べて見ますと

 131台の設置で 約260万円の収入となっています。

 
 設置料は 市の条例で決められており 1,400円/㎡プラス電機使用料となっており

 実質上 ほぼ電気料金のみで 設置を許可しているという状況と認識しました。


 職員の福利厚生や市役所に来られる市民の皆さんへのサービス

 という認識が濃いものなのかもしれませんが


 厳しい財政運営が強いられている昨今にあって

 果たして 如何なものかと思います。


 広報誌の広告、封筒の広告、市バスの広告、ホームページのバナー広告など

 少しずつではあるが 歳入の確保に努める状況下


 自販機の安価な設置料は 疑問な部分もあります。


 また、設置者は 東京都や埼玉県の業者も?


 少し調査し、少しでも歳入確保に繋がるよう

 良い方法を 私なりに考察してみようと思います。



 明日(24日)は 長野県信濃町へ視察研修に出かけます。(市バス 日帰り)


 内容は「森林セラピーを活用した癒しの森事業について」


 片道 4,5時間を見込んでおり 結構ハードです。


 後ほど 報告させていただきます。


 

給食費助成

 今年度より 給食費助成が始まります。

 小学生 3,000円以上は助成

 中学生 3,500円以上は助成となります。

 現在の給食費 中学生は約4,700円ですので 月々約1,200円の補助となります。


 これまで 旧市町村で 給食費に差があったものが

 この制度によって 一律料金とすることにもなるそうです。


 支出総額は 約8千万円


 民主党政権時の 子ども手当の 市版とも取れますが


 以外に 知らないお母さんが多いようです。



 お知らせをさせていただくと 「それは 有り難い。いいことだ。」という声が

 大半を占めます。


 子育て支援策の 拡充は 非常に大切な施策ではありますが

 一方で 教育の充実に充てた方が良いのではないか?!という意見もあります。


 例えば 英語教育に力を入れるために 専門の講師採用の費用に充ててみてはどうか?!

 などという意見もありました。


 予算の使い道


 意見の分かれるところもあろうかと思います。



 間もなく 市の広報(予算と財政に関するダイジェスト版)が 配布になると思います。


 是非 そんな視点も併せて 閲覧頂ければと思います。

日光ナンバー

 本日は 小学校の卒業式

 地元 落合東小学校の卒業式に 参加予定です。


 さて、本日付け地元紙に 「日光ナンバー」に関して

 お隣 鹿沼市の法人が研究を始める旨の記事が掲載されておりました。


 この 日光ナンバー取得に向けては 以前 議会でも質問で取り上げられました。


 ある一定の車両台数(確か10万台)の確保が要件であり

 日光市単独では 不可能

 「お隣 鹿沼市の協力がなくては出来ない」という答弁であったと思います。


 その鹿沼市の企業から声が上がったことは 

 喜ばしい限りであります。


 日光市から鹿沼市への働きかけが 重要でありますが

 実現に向けての 取り組みを期待するところであります。

25年度予算

 紙面では この時期 各市の予算が紹介されております。

 日光市の25年度予算は 一般会計 442億円(5,5%増)の積極予算となりました。


 詳細は ご紹介できませんが 福祉、産業、観光、教育、建設など

 それぞれの分野で 各要望や地域の声に応えながら

 決め細やかで 大胆な予算編成であると考える所です。

 13610794681860.jpg



 が 一方で 地方債 いわゆる 借金の額は 着実に伸びており

 一抹の不安は否めません。

 23年度末 現在高  47,708,154-

 24年度末 見込み額 50,460,367-

 25年度末 見込み額 52,989,482-


 この中では 臨時財政対策債という

 (国)「後で返すから とりあえず 市で建替えといて!」という債務も178億円ほど

 含まれておりますので 一概に増えた増えたと騒ぐことは無いという意見もありましょうが

 今後の 人口減少社会(日光市 20年後は 人口6万7千人と推計)

 を考えれば(税収減)、非常に厳しい現実が予想できます。


 市民サービスを向上していくのは 非常に良いことです。

 が・・・一度はじめたサービスを この先も何時までも継続していけるのか!?


 継続していけない時は どのように市民の皆様に説明していくのか?!

 そんな複雑な心境もあるのも 正直な所です。


 分厚い予算書と格闘しながら 色んな瞑想をしております。


 明日、18日(月) 午前10時 2月議会 開会

 初日は 市長による予算編成に関する「施政方針」演説があります。

 お時間の許す方は インターネット同時中継で 視聴頂ければと存知ます。
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。