スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除雪につて

 先週末の大雪は何十年ぶりの大雪

 また、湿った重い雪のため 多くの被害をもたらしました。

 道路は除雪が追い付かず麻痺状態。

 かつて除雪作業に携わってきた私も初めての経験でした。


 市民の皆様には 多くの不安と憤りを感じられた事と思います。


 市の危機管理、対応が少し甘かったことは否めませんが

 いくつかの要因があります。



 まず 人員不足、機械力不足、年度末での工事集中、山間部と平地部での業者の意識の差

 などが挙げられます。


 また、このような緊急事態の時には

 既存工事の工期延長なども迅速に対応すべきであると思います。


 工期は順守、除雪は優先では 人員不足の中 業者は対応しきれません。

 国、県、市が 共通認識として 工期より除雪を優先する意志を

 しっかりと業者に通知

 除雪に専念できる環境を整備すべきでしょう。


 また、機械不足に関しては

 市内リース会社などと 緊急時の協定を結び

 市が機械の確保を直接していく事も検討すべきかと思います。

 建設関連OBと除雪ボランティア契約(有償)なども考えられます。


 ありとあらゆる事態と方策を検討し

 緊急事態に備えることが必要です。


 あわせて

 職員、業者が共通認識(市民の安全と安心の確保)をもって

 事態収拾に努めることが

 大切であると考えます。


議員辞職について

 2月定例会が間もなく17日に開会します。

今回市長選挙を4月に控え 後援会の幾人かの方に 議員辞職を早急にして

市長選挙に専念すべきとの意見を頂きましたが

私の考え方を記したいと思います。


 26年度の予算を審議する2月定例会は 非常に重要な位置づけにあります。

今後の財政状況を加味し 現執行部がどのような基本姿勢で予算を組み立てていくかは

4月以降市政を預かる意思を表明した私としては しっかり見極め審査しなければなりません。

その上で 無駄な予算は減額補正、足らざるは増額補正を図る事も必要になる場合もあるでしょう。


 併せて、4年前私に投票いただいた皆さんへの責任として 任期は(ほぼ)全うすべきであると考えます。

 病気ややむを得ない事情が無い限りは 最低限の礼儀であり義務であると考えます。


 市議から国政や県政に挑む場合は別だと思いますが

 市議から市長に挑む場合は 2月定例会をしっかり審議しての辞職というのが筋であると考えるところです。


 よって、2月定例会最終日 3月20日の辞職を現在予定しております。


 

後援会リーフレット

 長らく書き込みを怠ってしまいました。相済みません

 Facebookを始めるとブログがおろそかになると言っていた先輩議員がおられましたが

 まさしくその通りになってしまいました。


 もっとも 種々対応に追われてしまったのも事実であります。


 さて、長らく時間がかかりましたが

 後援会拡大のための討議資料 リーフレットが出来上がりました。


 このリーフレット(討議資料)は

 私が何を考え

 何をやろうとしているのか

 経歴(漫画)を紹介させて頂きながら

 市民の皆さんにお伝えいたしたく作成したものです。


 興味(関心)がない方には

 興味がない広告と同様の扱いをされてしまいますが

 一人でも多くの方に 読んでいただきたいと思います。

 
 さて、毎日多くの方と会話をさせて頂いておりますが

 身近な方が 異口同音におっしゃるのは

 「身体に気を付けて、頑張ってね!」

 有難い事です。


 結果は神のみぞ知るですが

 健康管理には細心の注意を払い

 前進して参りたいと存じます。


 リーフレット(討議資料)が お手元に届きましたら

 是非 ご一読頂ければと存じます。




 

 

記者発表

 本日 午後3時より 来春行われる 日光市長選挙にむけての

 記者発表を行わせていただきました。

 プレス10社の前での会見は 緊張を極めましたが

 立候補の動機等を 発表させていただいた次第です。


 熟慮に熟慮を重ねた上での決断ですが

 不安がないかといえば嘘になるというのが 本音です。

 が、決めた以上

 自らの考えを正々堂々と発信し

 市民の皆さんの判断を仰ぎたいと思います。


 「今の市民の幸せ」と

 「10年、30年、50年先の市民の幸せ」を念頭に

 市政の先頭で尽力させていただけるよう

 邁進いたしたいと存じます。


 ご理解とご協力をよろしくお願い致します。


 詳細は 明日の朝刊

 または フェースブックを閲覧いただければと存じます。

昨日の議員全員協議会

 昨日の全協では 日光のスポーツジム(古河所有)存続についての協議が

 行われました。


 8月末時点で 存続は難しい旨の説明を受けていたので

 議会への問いには 疑問を感じました。


 おそらく多くの議員も同様であったと思います。


 予算の執行権は 市にあります。

 また、これまでこのような例はありませんでした。


 補正予算などを提出し 議論されるというのが 慣例です。



 事前に議会に問われたことは 異例であり

 市長の説明では 特別案件と言っておられましたが

 その基準はどこにあるのか はなはだ疑問です。


 本来 市では難しいと一度回答したものを

 改めて 議会の意見を問いたいという事は

 「議会が駄目だと言っているので・・すみませんができません」という

 場面を「要望している市民の皆さん」に魅せる事が目的であったのではないかとも

 想像できます。

 
 
 内容については 本日付け紙面をご覧いただければと存じます。


 邪推を除けば 議会に相談いただく事は 悪い事ではありません。

 今後は 大いに相談頂きたいものです。


 本日は 10時より 総務常任員会が開催されます。

 7日 8日は 各地域で議会報告会が開催されます。

 是非 お近くの会場へ 来場いただければと存じます。

 詳しくは 議会HPで閲覧いただければと存じます。
プロフィール

大嶋一生

Author:大嶋一生
前日光市議会議員 大嶋一生のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。